×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


伊達政宗〜奥州平定〜

タイトル
サイトTOP相互リンク集相互リンクの詳細相互リンク申請フォーム

サイト内コンテンツ
奥州平定
豊臣政権
晩年
問い合わせ
サイトマップ

1581年、相馬氏との戦いに15歳で出陣し、初陣を飾る。19歳には家督を継ぎ二本松城主の畠山義継を撃破する。領地を取り上げようとしたが、父である伊達輝宗が止めたので、五ヶ村を畠山領とした。

しかし、畠山義継は、輝宗を拉致した。その時、正宗は義継と一緒に父輝宗も殺してしまったという。

その後、畠山氏の二本松城に攻め入る。この時畠山氏に加勢してきた、佐竹氏・蘆名氏等とも戦う。数の上で圧倒的に不利であった伊達軍だが、なんとか勝利を収める。

正宗はさらに領土拡大を目指し、1588年には、現在の福島県中通りにあたる地域まで制圧した。

1589年には会津地方にまで攻め上がり、蘆名氏・佐竹氏・二階堂氏を打ち破り、150万石の大名までなった。


<<BACK NEXT>>

Copyright:(C)THE戦国時代・伊達政宗 since2006. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている内容の無断での転載・転用を禁止します。