×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


伊達政宗〜豊臣政権〜

タイトル
サイトTOP相互リンク集相互リンクの詳細相互リンク申請フォーム

サイト内コンテンツ
奥州平定
豊臣政権
晩年
問い合わせ
サイトマップ

会津地方を制圧した頃、織田信長の天下統一事業を継承していた、豊臣秀吉は小田原攻めへの加勢を正宗に申し付ける。これを受け小田原攻めに正宗は参戦し、豊臣秀吉に領地を安堵される。しかし、会津地方については秀吉の命に背くとして没収される。

その後、一揆を扇動した容疑をかけられ、許されはしたものの、結局60万石の大名となる。

また、正宗は五大老の筆頭である徳川家康にも近づき、娘を家康の子の松平忠輝と結婚させる。

正宗は、秀吉の命で、朝鮮出兵もしており、その時戦装束が大変華美であったという。これは派手好きの秀吉に気に入られようとしたためと言われている。


<<BACK NEXT>>

Copyright:(C)THE戦国時代・伊達政宗 since2006. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている内容の無断での転載・転用を禁止します。